Bread+Life 野菜ソムリエの焼くパンブログ

ジュニア野菜ソムリエ兼パンコーディネーターアドバンスNorikoのパンブログ。東京でパン教室ものんびりやってます。

バジルチーズフーガス

   

971.jpg
久しぶりに応募したハウス食品×レシピブログのスパイスモニター企画に当選し、GABANのオレガノ、タイム、バジルを頂きました。
ありがとうございます!


引っ越しも無事完了し、導入したコンベックを初運転するべく、薫り高いバジルを使って手軽なフーガスを焼いてみました。

【材料】 2枚分
A:
強力粉 200g
インスタントドライイースト 小さじ3/4
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
仕込み水 140cc
GABAN バジル 小さじ2

ピザ用チーズ 30g

【作り方】
1. 材料を合わせてよく捏ねる。

2. 1次発酵を30分ほどとり、2倍の大きさになったら、フィンガーテストとパンチダウンをして、2分割し、ベンチタイムを10分とる。

3. 横10㎝×縦20㎝程度の楕円形に伸ばし、中には縦長の穴を葉っぱの葉脈をイメージしながら大きく開ける。
   ピザ用チーズを生地の上に散らし、10分ほど2次発酵する。

4. 200℃に予熱したオーブンで17分ほど、チーズがこんがりとするまで焼き上げてできあがり。

基本的には南仏の平焼きのパンですが、ヨーロッパで広く焼かれているとも。
元々は窯の温度を確認するパンだそうですので、個人的には新居での初めて焼くパンとしてはいいかな。

生地に混ぜ込む際に、ドライバジルの凝縮された爽やかな香りで、とてもいい気分になれたのが嬉しかったです。
オレガノやタイムに置き換えても、簡単にイタリアっぽいパンになれそう。

イタリアンの料理レシピ

イタリアンの料理レシピ

 - きままに作ったパン, レシピブログ