Bread+Life 野菜ソムリエの焼くパンブログ

ジュニア野菜ソムリエ兼パンコーディネーターアドバンスNorikoのパンブログ。東京でパン教室ものんびりやってます。

ツナと玉ねぎのパン リケン「ノンオイルスーパードレッシング 青じそ」

   

0114.jpg
リケン「ノンオイルスーパードレッシング 青じそ」をレシピブログの登録ブロガー向け限定モニター企画で当選して、送って頂いたので、せっせとこちらを使ったパンを焼いてます♪


【材料】8個分
強力粉 200g
インスタントドライイースト 小さじ2/3
砂糖 小さじ1
仕込み水 145cc (うち、リケン「ノンオイルスーパードレッシング 青じそ」を5cc)
塩 小さじ1/2
ツナ缶のオイル 10cc
ツナ 80g
玉ねぎ 50g
リケン「ノンオイルスーパードレッシング 青じそ」 小さじ2
【準備】
・ツナ缶のオイルは取り分けます。
・玉ねぎは粗みじんにして水にさらした後、水気をしっかり切って、ツナに混ぜ、リケン「ノンオイルスーパードレッシング 青じそ」を混ぜて馴染ませておきます。
さて、こんな風に作りました。
生地を捏ね上げた後、30分ほど1次発酵させて2倍近くに膨らんだら、8分割します。
いつも量りで出来るだけ等分にするんですが、今日は生地がかなりべた付いたので、えいっ!と目分量で手早く8分割して、ベンチタイム。
この間に、具であるツナ&玉ねぎの水気をキッチンペーパーで取っておき、8等分します。
ベンチタイム後も生地がかなりべた付いているので、キャンバス地で余分な水気を取りながら、閉じ目を上にしてガスを抜きます。
更に縁の部分を中央部分より薄くするように、丸く8~10cmくらいに伸ばし、中央部分にツナ&玉ねぎを乗せて、しっかり閉じます。
クッキングシートを敷いた天板に並べてもいいのですが、今日は、マフィンカップに入れてみました。
20~25分ほど2次発酵させ、生地が一回り大きくなったら、200度に予熱したオーブンで15~17分ほど焼いて出来上がり。
断面図。
0114-1.jpg
ほっかほかの状態で、はふはふと頬張ってみて、「・・・何処か懐かしい味がする・・?」と。
あーそういえば。
ぶたまんに酢醤油をつけて食べた感じに近い~!
青じそドレッシングの風味が閉じ込められていて、パン生地で包むのもオススメです。
半分は、コーングリッツをまぶして変化をつけてみました。
食感がカリッとして、これもまたよし。
ランキング諸々参加しております。
クリックして応援していただけると励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします♪

 - リーンな配合のパン, レシピブログ