Bread+Life 野菜ソムリエの焼くパンブログ

ジュニア野菜ソムリエ兼パンコーディネーターアドバンスNorikoのパンブログ。東京でパン教室ものんびりやってます。

ダブルコーンブレッド

   

0146.jpg
8月下旬から、ずーっと焼こうと思ってたのに、なんだかんだで焼けなかった、構想3ヶ月余のダブルコーンブレッド、満を持して登場でございます。


【材料】3つ分
強力粉 160g
インスタントドライイースト 小さじ1
砂糖 大さじ2
水 85cc
塩 小さじ1/3
バター 15g
コーングリッツ 大さじ2
粒コーン 60g
マヨネーズ、パルメザンチーズ、各適量
コーングリッツは、最初から生地に混ぜ込みます。
水分が多かったので、最初から捏ねるのにとても苦労しました。
かなり叩きましたよ・・・。
分割も四苦八苦、スケッパーを巧みに使って丸め、成型時にもキャンパス地を使いつつ、頑張りましたー。
コーンは、マヨネーズで和えて、2次発酵後に縦にやや深めに入れたクープに乗せて、チーズを振りかけます。
今日も18℃程度の室温で、1次発酵35分、2次発酵25分でした。
焼いた時間は、190℃で17分、焼き色が足りなかったので200℃で5分延長して焼きました。
ぷうっと膨れて、こんもりとした形になりました。
断面図はこんな感じ。
0146-1.jpg
べたべたして、きっちり巻けなかったのが、気泡となって現れてます・・・。
パンは正直ですなあ。
いやー念願かなって?だ、なあ。
8月になるのですが、ピュアホワイトと云う、白くて甘いとうもろこしを配偶者がある日「食べたい!買うねー」とメールしてきて、すぐ購入に至ったものがありました。
その時の顛末や、ピュアホワイトについてはこちらピュアホワイトと、ツナと玉ねぎのパンにて
とうもろこしもどんどん鮮度が落ちていくので、ひとまず火を通して、粒粒にばらして冷凍しておいて、すぐに色々とパンに焼き、野菜ソムリエ暮らしでも特集する予定だったのですが、色々あって、今に至ります。
来年また特集しようかなあ。
こんなに長く保存しておくのもよろしくないけど、甘さは健在。
チーズのしょっぱさと相まって、甘さと塩加減のコントラストも面白い。
生地も水分が多かったせいか、コーングリッツの歯ざわりがざっくりとありつつも柔らかい生地になっていて、一体となっていると思います。
ランキング諸々参加しております。
クリックして応援していただけると励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします♪

 - リーンな配合のパン