Bread+Life 野菜ソムリエの焼くパンブログ

ジュニア野菜ソムリエ兼パンコーディネーターアドバンスNorikoのパンブログ。東京でパン教室ものんびりやってます。

トマトバジルブレッドの帽子をかぶったきのこシチュー

   

0326.jpg
前日に作ったクミンが香る、ベーコンとダブルキノコ使いのシチューは、まさにこのためだったのであります。

ちょっと優雅に!?こんな朝食はいかがでしょう?

【材料】 2人分
「ビストロシェフ<きのこシチュー>」を使って作ったきのこシチュー カフェオレカップ2杯分

パン生地 (4人分できるので、生地を作り上げた後、2人分だけ使います)
 強力粉 150g
 インスタントドライイースト 小さじ3/4
 砂糖 大さじ1
 塩 小さじ1/2
 水 85cc
 オリーブオイル 小さじ1
 トマトペースト 大さじ1
 ドライバジル 大さじ1

【作り方】

1. パン生地を仕込む。
トマトペーストは、オリーブオイルを入れるタイミングで加え、8割程度のこね上がりでとめる。
生地を直径20cm位に手で伸ばし、ドライバジルを広げ、巾着状に包み、中で十分に馴染ませたら、更にこねながら全体に行き渡らせるようにして、捏ね上げる。

2. 25分ほど温かいところに置き、2倍近くの大きさになるまで1次発酵を取る。  

3. この発酵中に、シチューを「ビストロシェフ<きのこシチュー>」を使って作ったきのこシチュー の要領で作っておく。

4. フィンガーテスト、パンチダウンを行い、4つに分割して丸めなおし、10分ベンチタイムを取る。

5. カフェオレボウルにシチューを注ぎ、4のパン生地を丸く広げて、器にふたをするようにかぶせる。縁の部分はしっかり押さえてとめておく。

6. 天板を入れて、200度に予熱しておいたオーブンで、15~7分ほど焼いて出来上がり。

パンをちぎって、中のきのこシチューに浸しながら、召し上がれ~。
0326-1.jpg

朝ごはんで楽しむためには、私はこうしました。
4のベンチタイムに入る前に、ふんわりと1個ずつラップをかけ(膨らむので、ふんわりと)、さらにビニール袋で余裕を持って密閉して冷蔵庫で、低温長時間発酵させました。

朝一番で冷蔵庫からだし、夫婦二人分のお弁当を作る作業の傍ら温かい処に置いて生地の温度を常温に戻してから、5の作業を行いました。

シチューは事前に温めなおさなくても、6の焼成で熱々になるから大丈夫です。

夫にも大好評。
手順さえしっかり抑えておけば、オーブン任せで朝ごはんの準備としてはとても楽チンだなあと感じました。

今回、白いシチューにトマト風味の真っ赤なパンというのが、モニターに応募する時真っ先に浮かんだイメージでした。
だから作っていてとっても楽しかったです。

色んなシチューでやってみたいな。
パン生地も色んな風味があるから、ペアリングも楽しめるし、主食+おかずが一度に取れるメニューだし、パンコーディネーターとしてもおススメの一品です!

 - パン料理・パンと一緒に食べたいもの, リーンな配合のパン, レシピブログ, 野菜のパン