Bread+Life 野菜ソムリエの焼くパンブログ

ジュニア野菜ソムリエ兼パンコーディネーターアドバンスNorikoのパンブログ。東京でパン教室ものんびりやってます。

プラリュリン/フランソワ・プラリュ@銀座三越

   

663.jpg
プラリュリン(小)367円

Twitterで「すごいパンを見かけた」と云うツイートに続き、衝撃的な画像がアップされました。

銀座で買ったとだけあり、何処とまでは聞かなかったのですが、今日三越の地下をぶらぶらしていたら…!
ありましたよ!
ショーケースに山盛りになっていて、目を引きます。

大と小があり、ひとまず小さい方を買ってみました。
お会計などを待つ間にようやくお店の様子を落ち着いて眺めてみたら、チョコレートやケーキなども並んでいて、ショコラテリアだったようです。

フランスはリヨン近郊の街ロアンヌの老舗のショコラテリアだそう。

貰ったチラシには、創業者のオーギュスト・プラリュが生み出し、ロアンヌの銘菓として大人気なのだとか。

このパンはブリオッシュ。
ピンク色の粒粒の正体は、アーモンドとヘーゼルナッツに秘伝のシロップを絡めたプラリネ。
秘伝のシロップが、ショッキングピンクなのでしょうね。
ザクザクッとしたプラリネのアクセントがいいです。

かなりリッチなパンで、他のサンドウィッチの後には1/2個で丁度よい感じ。
半分は、折角なので夫にも味見させてあげよう。

1個でこのお値段、中々にいいものですが、パッケージがとにかくパンの域を超えています。
柔らかい紙で包まれ…
663-1.jpg

更に、カラフルでスタイリッシュな紙袋と手提げ袋に梱包されていました。
この袋は再利用しない訳にはいきませんね。

シールには製造元が六本木のクローバーとなっていました。
日本ではこちらが担っているということでしょうか。

手土産に、パーティーに、話の種にもなるので持ち寄るパンとしてはかなりお薦めです。
パンって楽しいなと思わせてくれる、スイートな逸品です。

 - パン屋さんのパン