Bread+Life 野菜ソムリエの焼くパンブログ

ジュニア野菜ソムリエ兼パンコーディネーターアドバンスNorikoのパンブログ。東京でパン教室ものんびりやってます。

海草パン 他/ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー@ANAインターコンチネンタルホテル東京

   

772.jpg
左から時計回りに、海草のパン210円、カンパーニュ320円、パイナップル280円

この界隈で、別のパン屋さんを目指したのですが、見事にほぼ売り切れていて、どうしよう~~と路頭に迷った挙句に全日空ホテルのベーカリーへ。


すると思いがけないパンがあったので、面白かったのでこれはこれでよかったかなと。

海草のパンは、わかめ、茎わかめ、あかつのわた、糸寒天、きいろつのまた、海苔、赤海苔が入っているそう。
まだトーストはしていませんが、そのままで食べると、独特の磯の香りと、水分が内包されたようなモッチリ感が面白い。
なかなか行かないお店だから、1/4じゃなくて1/2でもよかったかな。

右下のパイナップルは、最初プレートを見るまでパイナップルには思えませんでした。
だって赤いんですよ。

海草の事を聞いたときに、別の場所へ問い合わせをしたりして大変そうだったので、パイナップルの事は突っ込んで聞けず…。
でもでも聞けばよかった。

だって、食べてみたら、パイナップル、固いんです。
みしっとした固さ。
この赤さにはなんとなく覚えがある…そう、今はほぼ口にすることが無い、ドレンチェリーのあの感じ。
甘くてちょっとねっとりしていてt。

もこの夏パイナップルを焼きこんだパンを、レッスンでお伝えしましたが、こういう加工&使い方もあるのだなあと思いました。

 - パン屋さんのパン