Bread+Life 野菜ソムリエの焼くパンブログ

ジュニア野菜ソムリエ兼パンコーディネーターアドバンスNorikoのパンブログ。東京でパン教室ものんびりやってます。

流木ノア 他/サ・マーシュ (Ca marche)@神戸

   

859.jpg

夫が神戸で途中下車する理由は、サ・マーシュの流木ノアというクルミ入りのフランスパンのせい。


西の方へ出張 → 実家へ寄る → 神戸に寄る → サ・マーシュで流木を買う

と云うのが一連の流れになっていて、私もお土産のパンの袋を受け取るのがとても楽しみなのです。
今回は「小さいのとかいっぱい買ったよー! 流木は2本買ってきた」とのことで、レシートを残念ながら受け取りそびれたそうですが、どうも3000円分ほど買ってきたそうです。
完全に私を超えています(笑)

手前左のカラフルなパンはパッチワークという名前だそうで、抹茶や黒ゴマ、レーズン、人参と色鮮やかで風味も異なって一度で4度楽しいパン。

右のはまだ食べてないので、後で追記します。

更に…
859-1.jpg
もう楽しくて楽しくて。
たくさんパンを買って帰ってくるという話を聞き、昨日はお昼を食べずに待っていましたからね。

右下のサンドウィッチは生ハムとクリームチーズ。
新幹線で食べようと思ったらしいのだけど、カフェのパンとサラダのランチのボリュームが思った以上で食べられなかったらしく、運よく自宅まで無事でした。

そこから時計回りに、ソーセージとイチジクを包んだリーンなパンは、やっぱりソーセージと果物って合うなあと再確認した組み合わせでした。

真ん中にクープが入って細長いのは、穀物がたくさん練りこまれた、軽い味わいのパン。
食感は麩に似ていて面白かったです。

その上の細長いのは、チーズとソーセージを刻んだもの?が入ってて、ちょっとスパイシーで食欲を掻き立てられました。

左上は、外観からは想像できなかったのですが、クラムが真紅!
特に赤ワインのものを買った認識がないとのことなので、ワインではないのかもしれませんが、アメリカンチェリーと思われる果肉がたっぷり散りばめられていました。

右上は、ダイス状のさつまいもが生地に散らばっているあんぱん。
漉し餡で上品な味わい。

最後は、クリームチーズが大胆に入っているパンで、しかも、バルサミコ酢が掛かっているのですよ。
官能的なパンだなあと、うっとりしました。

どれもそれぞれの味わいがあって美味しいなあと思うのですが、最後のバルサミコ酢の色っぽさのトリコになったかもしれません。

まだ一度も行ったことのないパン屋さんなのに、パン自体はすっかり我が家ではお馴染みになっています。
いつか私もいけるといいなあ。

前回のお買い物前々回のお買い物はそれぞれリンク先をご覧ください。

 - パン屋さんのパン