Bread+Life 野菜ソムリエの焼くパンブログ

ジュニア野菜ソムリエ兼パンコーディネーターアドバンスNorikoのパンブログ。東京でパン教室ものんびりやってます。

姫路菓子博2008に行ってきました

   

0250.jpg
ドイツのウサギパン。


菓子博は、噂どおり・・・というか、博覧会の類は大体こうなんだと承知していますが、大混雑!
そんな中、するすると入場できる「日本縦断!お菓子めぐり館」@交流の舞台エリア。
まあ、本当に47都道府県のお菓子をただ展示しているだけで、そこには地域的な考察もなく、残念な感じでした。

しかし、興味を引いたのが、各団体の展示。
ここには、砂糖の団体とか、チョコレートの団体とか、和菓子とか、半生菓子とか、やや展示会っぽい雰囲気があり、ここで若干の資料を入手することが出来ます。

私にとっての収穫は、二つ。

一つ目は、砂糖の働きを改めて再認識できたこと。
砂糖に対する誤解を解くためのいい資料を入手できたかな。

二つ目が、各国のお菓子が並んでる処で、見逃してなければ恐らく唯一のパンの展示があり、それが冒頭のドイツのウサギパン。

イースターの頃には、ウサギや卵をモチーフにしたものがよく作られるのだそう。
これは、ウサギが卵を抱えている様子なんだとか。
割と高い位置にあったから、斜めからしか撮れてないので今ひとつウサギ感に乏しい・・・。

でもでもドイツのパンって、ライ麦でどっしりしてて・・・ってイメージがとっても強かったから、こういう可愛いパンも食べられるんだなーと微笑ましくなりました。

 - パンコーディネーター