Bread+Life 野菜ソムリエの焼くパンブログ

ジュニア野菜ソムリエ兼パンコーディネーターアドバンスNorikoのパンブログ。東京でパン教室ものんびりやってます。

博多うまだし カリカリピッツア

   

0103.jpg
レシピブログのモニター企画「博多うまだし」に当選したので、鋭意、愛用させていただいています♪
すごく濃い出汁が、美味しく手軽に取れるので、本格的な出汁がパンにもらくらく使えます。
今回は、手軽にお昼ごはん用にとピッツアにしてみました。


【材料】1枚分
強力粉 100g
薄力粉 50g
塩 少々
ベーキングパウダー 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
博多うまだしの出汁 70cc (1パックを400ccで煮出しました)
博多うまだしのガラ 1パック全部
【作り方】
1.全ての粉と塩をボウルに入れ、よく混ぜる。
2.オリーブオイルを入れて、スコーンを作る時のように指先で粉に揉みこむようにして馴染ませる。
3.出汁を注ぎ、更に捏ねていき、生地がまとまってきたら台に出して、更に表面がつるっと滑らかになるまで捏ねる。丸めてラップに包んで30分、室温で寝かせる。発酵しないので、あまり膨らまない。
4.生地を伸ばし、トッピングをして、220度のオーブンの上段で15分ほど焼いて、出来上がり♪
0103-1.jpg
※出汁が入ってるので、やや茶褐色の生地、斑点は出汁のガラです。
【トッピング】
半分は博多うまだしで煮たムギタケ。以前、保存食として義伯母から瓶詰めにして送ってもらったものです。
塩分が強かったため、塩抜きし、少々の博多うまだしで煮詰めてみました。
生地の半分に薄くマヨネーズを塗り、ムギタケと長崎産の新玉ねぎのスライスを乗せました。
もう半分は、プチトマトとインゲン、チーズです。
このインゲン、リタイア後に別荘にて自給自足を目指して暮らしている友人すばるさんのご両親が、丹精込めて作った有機のインゲンなのです。
塩茹でしてそのまま食べるのが一番美味しかったのですが、今日は休日のランチをピッツアの上で鮮やかに彩ってくれました。
生地自体に、出汁の味がやっぱりきちんとします。
和風のピッツアですが、チーズにも合います。
福岡出身の私としては、郷土のあごだし入りの博多うまだしを、色々なパンに活用できるのがこよなく嬉しい限りです。
今度は何を焼こうかな~。
このほかの活用レシピはこちらです。
博多うまだしフランスパン
博多うまだし たまじゃがパン

「博多うまだし」レシピモニター参加中♪

ランキング諸々参加しております。
クリックして応援していただけると励みになりますので、どうぞよろしくお願いいたします♪

 - リーンな配合のパン, レシピブログ