Bread+Life パンコーディネータアドバンスのパンブログ

パンコーディネーターアドバンス/野菜ソムリエのNorikoのパンブログ。東京でパン教室ものんびりやってます。

角食パンとイギリスパン/セントル ザ・ベーカリー@銀座

   

左:イギリスパン700円(税別、以下同) 右:角食パン800円

2013年にできた食パン専門店、VIRONを手掛けた方が作った、レストランではトースターを選んでトーストできる、連日行列などなど…と情報だけはあったのですがなかなかお邪魔する機会に恵まれず、しかしながら今日はなんだかいい機会だったのであと少しで焼きあがる角食を目当てに並びました。
外で並ぶのがつらいのでこれまで足が向かなかったのですが、月曜はレストランがお休みで中で待てるということもその場で知りました。
待っている間に手際よく作業されるスタッフさんに思わず見とれてしまいます。発酵後の分割した生地の丸め具合のなんと素敵な弾力…。

もう一つプルマンもありましたが、3本は重たくかさばるのでこの2本にしました。
紙袋越しに温かさを膝の上に、そして少し開けた袋から立ち上る香りを感じながら、電車の帰り道のなんと幸せなことか。

程よくカットできる位には粗熱も取れていたので、スライスしてみました。
角食からまずは食べてみました。しっとりもっちり。
甘めでくちどけの良いクラムに、しっかりと焼きこまれた香ばしいクラスト。焼かずにそのまま食べるのがおすすめとありますがまさにその通り。
下手するとついついスライスする手が止まらず、すぐになくなりそうな勢い。
北海道産小麦ゆめちからを使用し、湯種・液種で作っているそうです。

イギリスパンもとりあえずは焼かずに食べてみました。薄く切ってカリカリに焼くのがおすすめとはありますが、まずは。
こちらは少し塩味が感じられ、さっぱりとした味わい。
明日以降にトーストしてカリカリ・サクサクを味わいたいです。

本当においしい。この5年私はなんで購入するのが大変だからと並ばずにいたのだろう。ぼーっと生きてたのだな。

 - パン屋さんのパン